連載|OPINION

164

電池の未来について話しましょう |首都大学東京教授 金村聖志 後編

実現すれば様々な産業において飛躍的な利便性、効率性が生まれるとされる全固体電池。 今回は、未来の生活に富と幸せをもたらしてくれそうな「夢の電池」の日本における研究について、迫っていきたいと思います。 金村聖志(かなむら・きよし) 首都大学東京大学院都市環境科学研究科 都市環境科学…

全固体電池とは何か? |首都大学東京教授 金村聖志 中編

今、主流の電池の一つとなっているリチウムイオン電池から、全固体電池へと開発が進んでいるお話を前回聞きました。 今回は、固体電池の特徴について、最先端の研究を踏まえながらお話をお聞きしたいと思います。 前回と同様、全固体電池を研究している金村先生にお話をうかがいました。 金村聖志(…

電池って何だか知ってますか? |首都大学東京教授 金村聖志 前編

私たちにとって電池は身近な存在です。 小型家電やスマートフォン、ノートパソコン、自動車まで、様々な製品に電池が組み込まれているからです。 しかし「全固体電池」となると、理解できる方はほとんどいないのではないでしょうか? 私たちの知っている電池とはどこがちがうのか? それがなぜ今、…

シェアリングエコノミー起業家・雲林院 奈央子 「お寺ステイ」でインバウンド観光市場に…

(前編はこちら) 活用されていないお寺のスペースを、イベントや宿泊のための施設として活用するシェアリングビジネスに挑む、女性企業家の雲林院さん。 立ち上げた会社は、東京に5名、高山の宿泊施設に5名が集う規模に成長し、協力をしてくれるお寺のネットワークも広がりつつあるそうです。 前回…

シェアリングエコノミー起業家・雲林院 奈央子 「お寺ステイ」でインバウンド観光市場に…

■ 話を聞いた人 雲林院 奈央子(うんりんいん なおこ) 岩手県盛岡市に生まれ、中東の国サウジアラビアで育つ。上智大学卒業後、アンダーウェアメーカーのワコールで新製品や新規事業の企画に取り組み、26歳の時に株式会社シルキースタイルを創業。ボディケアやアンダーウェアの企画やマーケティング…

技術・規制・コストの制限を超えろ! ベテランオペレーターが見るドローンビジネスの世…

前編では、ドローンオペレーターの十田氏に、点検や測量などの領域で、ドローンが着々と実用化され始めている実情についてご説明いただきました。ただ、ドローンビジネスのすべてが順調かと問われれば、そこには多くのクリアすべき課題があるとも言います。後編では、現場から見るドローンビジネスの今…

技術・規制・コストの制限を超えろ! ベテランオペレーターが見るドローンビジネスの世…

■ 話を聞いた人 十田一秀(じゅうた・かずひで)氏 ドローン測量・空撮をてがける企業・KELEK代表。鹿児島県姶良市出身。30年ほど前ラジコンヘリコプターを使用した空撮測量会社を興した父のもとで空撮測量技術の修業に励み2011年に独立。無人航空機による空撮歴は15年以上。年間現場数約200件と現…

ディープラーニングが革新するロボット産業・後編|早稲田大学教授  尾形哲也

ロボットの能力向上のために応用が始まりつつあるディープラーニング。特に今まさに始まった「産業用ロボット×ディープラーニング」というテーマは、テクノロジーの動向を語る上で、最もホットなトピックとなるでしょう。 前編では、人間により近い「視覚」、「触覚」、「力覚」などの能力を産業用ロ…

ディープラーニングが革新するロボット産業・前編|早稲田大学教授  尾形哲也

■ 話を聞いた人 尾形哲也(おがた・てつや)氏 1993年に早稲田大学理工学部機械工学科を卒業。現在、早稲田大学基幹理工学部表現工学科にて教授を務める。2013年に日本ロボット学会理事、2016年に人工知能学会理事にそれぞれ就任。2017年より産業技術総合研究所人工知能研究センター特定フェロー、20…

5Gは世界でどう使われているか ファーウェイジャパン CTO 赤田正雄・後編

前編では、現在、通信技術が4Gから5Gに移行する過渡期であること、また今年から世界各地で本格的にサービスが開始されることなどをお伺いしました。 また、韓国ではいち早くサービスが展開されており、その競争を支える要因のひとつとなっているのが、小型軽量で高性能な基地局だというお話についても…