フォリオことはじめ 第4章 前編 |入金したら、テーマを買ってみよう

証券口座を手に入れたモネだったが、

「お金って、どうやってフォリオの証券口座に入れればいいんだろう?」

と悩んでいるようだった。

困った時のブルベア先生!ということで、今日も先生の元を訪ねるモネであった。(※証券口座とはフォリオの証券総合口座のことです)

入金方法は2つあるって?

モネ:
投資に必要なお金を、フォリオの証券口座に入れるには、どうしたらいいんですか?

ブルベア先生:
 フォリオの証券口座にお金を入れる方法は2つあるんだ。
・「リアルタイム入金」
・「銀行振込での入金」
だな。

リアルタイム入金で振り込むと、振込手数料は無料だ。

ところでモネは「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「イオン銀行」「ジャパネット銀行」の、どこかのインターネットバンク口座は持っているかな?

M:
はい、持ってますよ。
最近は時代についていこうと、インターネットバンクを使いはじめているんです。

B:
それなら話が早いぞ。まずは、ログインして、マイページの「入金」をクリックする。

すると、下のように「リアルタイム入金」のメニューが出てくるね。

次に、どこの銀行を使うか表示されるから、銀行を選んで振り込めばいい。

インターネットバンクからの入金なら、手数料はかからないぞ。

ただし!フォリオの証券口座と同一名義の金融機関口座からしか、入金できないからな。

M:
ちなみに、家族の金融機関口座から、インターネットバンクを使って、自分のフォリオの証券口座にリアルタイム入金することはできますか?

B:
残念ながら、それはできないんだ。

M:
そうなんですか〜。

B:
もう一つの方法は、「銀行振込での入金」だね。

これは銀行の窓口とかATMやインターネット口座を使って、モネが開設したフォリオの証券口座に振り込む方法だ。

この場合だと、振込手数料はモネの負担になるんだ。

この振込方法もリアルタイム入金と同じく、モネが登録した銀行口座から振り込まないとダメだよ。

M:
ジブンは振込手数料がもったいないから、リアルタイム入金で振り込むことにします。まずは10万円振り込みました。

リアルタイム入金って、指示を出したらすぐフォリオの証券口座の「購入可能額」に反映されて便利ですね。

テーマのページを詳しく解説

B:
 マイページの「購入可能額」に10万円入ったことを確認したかな?

いよいよこれで、テーマが買える状態になったな。

M:
はい!フォリオのテーマって色々あるんですねー。

「京都」もいいなぁ「寿司」もいいなぁ、「ペットと暮らす」というのもあるんですね。

でも悩んだ挙句、「アンチエイジング」に投資することにしました。

だって誰でも「いつまでも若くいたい」って思うじゃないですか。だからそういう産業って、いつまでも廃れないかもって思うんです。

B:
テーマ投資のいいところの一つは、「面白そう」「応援したい」っていう気持ちが投資につながるところかな。

難しい知識や専門用語に詳しくなくても、投資をはじめられるんだ。

M:
先生、テーマの画面について、もう少し詳しく知りたいです。

まず、下の画面の「株数」「運用予定額」というのはなんですか?

B:
「株数」というのは、そのテーマにおいて、その銘柄が何株で構成されているかだ。

たとえば「株式会社ぽんぽこ 1株」とあったら、このテーマには株式会社ぽんぽこの株が1株入ってますよ、という意味になるね。

そして簡単にいうと、、例えば株数4株で運用予定額が10,000円だとしたら、その銘柄はだいたい1株2500円×4株=10,000円ぐらいで運用予定ですよ、って意味だ。

M:
さっきの画面の下にある「投資スタイル」ってなんですか? 

B:
フォリオのテーマ投資では、投資をする際に4つの「投資スタイル」を選べるんだ。

基本的なスタイルは「バランス型」で、これはリスクとリターンのバランスを取っている投資スタイルだな。

他にも「ディフェンス型」「グロース型」「バリュー型」というタイプがあるんだよ。

M:
それぞれ、どう違うんですか?

B:
それぞれの投資スタイルの方向性によって、そのテーマを構成する各銘柄を、どういう比率で組み入れるかが変わるんだ。

「ディフェンス型」にすると、リスクをなるべく抑えることを狙った投資スタイルになる。

そして「グロース型」は、将来の成長が期待される銘柄にウェイトを置いたスタイルだ。

「バリュー型」は銘柄の割安さを重視して、将来その値段が上がるのを期待するスタイルだな。

M:
なるほど!その下にある「今までの値動き」というのも教えてください。


B:
グラフの詳細は記載されている説明文を読んでほしいが、簡単にいうと、黄色の線はそのテーマの値段がどう動いてきたかのグラフだ。

リバランスは考慮されておらず、そのテーマのバランス型の現在の構成銘柄と株数を、ある一定期間持ったと仮定してシミュレーションした結果だよ。

灰色い線は、日経平均株価のグラフだよ。

M:
日経平均株価は、「資産運用の図解教室」で勉強しました!

東証一部上場銘柄のうち、日本を代表する株式225の銘柄をもとに計算されていますよね。

そうか、その日経平均株価と比べて、そのテーマがどう推移してるかもわかるのか〜。

フォリオの証券口座にお金を入れ、念願の投資生活ライフを送れるようになったモネ。

今までに比べて、毎日のニュースや、スーパーでの新製品なんかが気になりだしたようだ。

投資って、お金を運用することだけれど、世の中のことをもっと知るきっかけにもなるんだなぁ。

そんなこと思っているのであった。
(つづく)

※「資産運用の基本」を知りたい人はこちら

【フォリオことはじめ 目次】
プロローグ 最近、どんなことに興味ある?
第1章 フォリオのサービスを10分で解説
第2章(前編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第2章(中編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第2章(後編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第3章(前編)口座開設その前に!
第3章(後編)口座の準備と開設。
第4章(前編)入金したら、テーマを買ってみよう 
第4章(後編)テーマを買った後、何をすればいい? 〜運用Q&A〜
■本資料について
・投資環境に関する過去の事実等の情報提供のために株式会社FOLIOが作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
■株価等のデータについてはこちらをご覧ください。
■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。リスク・手数料の詳細はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます!『FOUND』は良質な情報発信を心がけています。
13

お金と社会のWEBメディア『FOUND』

『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4

フォリオことはじめ

テーマを選んで、かんたんに投資ができる「FOLIO」のサービスを、わかりやすく解説した連載です。