見出し画像

どこでも使えるキャッシュレス時代は来る?|消費生活ジャーナリスト 岩田昭男 第3話

取材・文/鈴木俊之、写真/荻原美津雄、取材・編集/設楽幸生(FOUND編集部)

2001年に東日本旅客鉄道が導入したICカード乗車券「Suica」には、その小さくて薄い中に、日本の最先端技術が詰め込まれています。

今回はこの「Suica」を中心に、ボーダレスなキャッシュレス世界の実現に立ちはだかる壁について、消費生活ジャーナリストの岩田昭男さんお聞きします。

岩田昭男(いわた・あきお)
消費生活ジャーナリスト。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。NPO 法人「ICカードとカード教育を考える会」の理事長としてカード教育にも力を注ぐ。著書に「Suica一人勝ちの秘密」(中経出版)「信用力格差社会」(東洋経済新報社)「O2Oの衝撃」(CCCメディアハウス)など。ホームページ「上級カード道場」主催。

非接触型ICカード「Suica」のすごさ

――前回の取材で、QR決済の使い勝手の悪さについて言及がありました。

使い勝手がよくないと、キャンペーンが終了してしまえば、他の決済方式、たとえば現金や、すでに普及が相当進んでいるSuicaに戻ってしまうんじゃないでしょうか?

岩田昭男氏(以下、岩田):
「それだけSuicaの技術ってすばらしいですからね。

ぼくはSuicaをずっと取材していますし、応援団なんです。

中でも2016年にApple Payにも対応したのは驚きでした。

また、JR東日本は、2020年の東京五輪・パラリンピックまでに『統合型移動サービス』(MaaS)の提供を始めると発表しました。

目的地への移動に必要な情報収集と決済を行うアプリで、他の交通機関などとも連携し、サービス提供のプラットフォームを目指すとしています。ここでもSuicaが用いられるかもしれない」

――Suicaのいいところはどこですか?

岩田:

「読み取りが0.2秒で行える点です。

新宿駅や東京駅のラッシュアワーでも、支障なく改札業務が行えることを前提に開発された。だから処理速度がとても速い。



Suicaの中身は、ソニーの開発した非接触型ICカード方式『FeliCa』です。
この技術がすばらしいものです。

日本では『Felica』が強い。日本国内の交通系ICカードは、すべてこの『Felica」か『Felica』と互換性のある方式を採用しています。

ただし残念ながら、非接触型ICカードの国際標準を取得できませんでした。

国際標準は、欧米のメーカーが開発した、乗車券などに用いる簡易型の『Type A』と、その上位的な『Type B』になった」

――Suicaで得た情報はどこが集約しているのですか?

岩田:
「SuicaはJR東日本のものですから、交通機関の利用情報も、買い物で利用した情報もJR東日本が集約しています。

そして、実は私は、Suicaというのは『国鉄』だと思っています」

――それはおもしろそうな説です。なぜですか?

岩田:
「1985年に国鉄は民営化され、地方ごとに分割されました。

それに歯ぎしりした旧国鉄マンたちが、『国鉄は分割されてしまったけれど、ひとつになれるものを何かつくろう』という意図で始められたんです」

――そういうバックグラウンドがあったんですね。

岩田:

「そして、この強い思いが数十年を経て、あることにつながった。

ある時、アップル社の幹部がJR新宿駅でSuicaが自動改札で用いられている光景を見たんです。

そして、
『これはすごい。ぜひiPhoneの中に入れよう』
と考えた。その結果、Apple Payともつながったわけです」

――QRコードは最近登場したばかりなので、技術的に上のように見られがちです。しかしSuicaのほうがすごいんですね。

岩田:
「QRコード決済というのは、クレジットカードなどしっかりしたシステムの上に載って、店とユーザーを結び付けているだけなんです。

クレジットカードなどを『一次的決済ツール』とすると、QRコード決済は、それらとIDで紐づけられた『二次的決済ツール』と考えるといいでしょう。

だから、QRコードは決済の中身や性能には関与しません。購買情報がとれる程度です。決済システムの中では脇役なんです」

――QRコードは脇役。わかりやすいたとえです。

岩田:
「しかし、決済システムであることには変わりない。ということは長続きさせていかなければなりません。



ところが、先ほど述べたPayPayのキャンペーンのようなことをしている。

決済システムは使ってもらうから意味があるのに、あれでは還元されたポイントが死蔵されてしまう。次のキャンペーンまで待とうというのが人情です。

だから、さっき『投機的』『ギャンブル的』と表現した。

さいわい、第二弾のキャンペーンは上限が10万円から1000円に引き下げられました。

きっとぼくが『いい加減にしないと、長続きしないよ』と苦言を呈したからです(笑)」

――たしかにSuicaは使い勝手がいい。しかし弱点もあります。1回の利用上限額が2万円しかない点です。クレジットカードみたいに大きな買い物ができません。

岩田:
「それは元国鉄、現JRの良心というか、堅いところです。自分たちが作っているのは『交通乗車券』だという姿勢を崩さない。

nanacoやWAON、Edyは同じ『Felica』の仲間ですが、上限額は5万円です」

結局、キャッシュレス業界を制するのは?

――では将来、キャッシュレスの主人公はSuicaになるんでしょうか?

岩田:

「たしかにSuicaを導入すると、お客さんがものすごく増えるという調査もあります。今後は首都圏だけでなく地方にも広がっていくでしょう。

ただし、Suicaも常に危ないんです。さっき述べたように、国際標準を取得できなかったからです。現在はガラパゴス化している」

――ガラパゴス化には何度も苦渋を飲まされてきました。

岩田:
「たとえば、東京五輪・パラリンピックで外国人が大勢訪日します。中国人などはAli Pay、欧米人はクレジットカードを使うことになるでしょう。

彼らのもつクレジットカードはたぶん、非接触型ICカードの『Type B』です。『Type B』は交通機関で使えるし、買い物もできる。クレジット機能をもつSuicaのようなものです。

ところが、日本国内の端末機器の多くはこれに対応していません。急いでやらなきゃいけない」

――なぜひとつにまとまらないんでしょうか?

岩田:
「日本国内の問題だけではありません。
キャッシュレス方式を巡って、シリコンバレーの中で激しい覇権争いがあるからです。

アップル社がSuicaに目をつけたのも、それが理由かもしれません」

――群雄割拠ということですね。しかしユーザーとしては早くひとつの方式にまとまってほしい。

レジ先で「このカードは使えるか、どのアプリを立ち上げればいいか」なんて迷うのはスマートではありません。どうにかならないのでしょうか?

岩田:

「もう何年も前から、非接触型ICカードの『Type A』『Type B』、それに『Felica』に互換性をもたせようという話はあります。

だけど、おそらくですが、これらが統合されるまえに、違うデバイスが登場するのでは? というのが私の推測です。

それは、スマートフォンとはちがう、たとえば生体認証なども含めた非接触型ICカードに代わる方式です」

――キャッシュレスを巡る争いはまだ始まったばかりなんですね。

ユーザーとしてはよりスマートでお得な、キャッシュレス世界が来ることを期待してやみません。

本日はありがとうございました。
(おわり)

中国人「爆買い」を支えたもの |消費生活ジャーナリスト岩田昭男 第1話
「現金主義」からどう抜け出すか?|消費生活ジャーナリスト 岩田昭男 第2話
どこでも使えるキャッシュレス時代は来る?|消費生活ジャーナリスト 岩田昭男 第3話

株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。
リスク・手数料の詳細はこちら
・本コンテンツは一般的な情報提供を目的としており、個別の金融商品の推奨又は投資勧誘を意図するものではありません。
・掲載した時点の情報をもとに制作したものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、株式会社FOLIOはその内容に関する正確性および真実性を保証するものではありません。
・本メディアコンテンツ上に記載のある社名、製品名、サービスの名称等は、一般的に各社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます!『FOUND』は1次情報を大切にしています。
13

お金と社会のWEBメディア『FOUND』

『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4

連載|OPINION

『連載|OPINION 社会のココを深く掘る。』は、社会にある様々なテーマにスポットライトを当てて、第一人者などに頭の中にある考えを聞きにいくインタビュー企画です。