181009_1904_eyecatch004-suzu_アートボード_1_アートボード_1

第4章 投資をすればお金は増えるの?|資産運用の図解教室

投資や資産運用とやらを上手に使えば、将来お金が増える可能性があることを、なんとなく理解したモネ。しかし、

「そもそも投資は一体どんなカラクリなのか?」
「なぜ将来のお金が増える可能性があるのか?」

そんな疑問が頭に浮かんで仕方ないモネは、今日もまたブルベア先生に質問をするのであった。

投資をすればお金は増えるの? 

M:
「1,000円札を貸していただければ、10,000円札にしてあげましょう」とか言って、手の中の1,000円札に息を吹きかけて、10,000円札にしちゃうスゴ腕のマジシャンがいるよなぁ? 

もしかして、投資ってのも、こんなスゴ腕マジシャンがやっているのかなぁ? 

いやでも待てよ、そんなことができたら、この世の中みんなお金持ちばかりになっちゃうじゃないか。

マジックじゃないとすると、じゃあ一体、投資したお金って、なんで増えることがあるんだろう?

考えすぎて、今にも頭から煙が出てきそうなモネの前にまたまた現れたのが、「お金のことなら、たいがいのことは知っている」と豪語するブルベア先生。

M:
「ブルベア先生、投資って、こんなマジックみたいなものですか?」

B:
何を言ってるんだね。1,000円札に息を吹きかけて10,000円になるんだったら、誰も苦労しやしないだろう。

しかもそのマジシャンは、そのマジックを1回やる度に9,000円損しちゃうじゃないか。

おまけに、誰もが1,000円札を10,000円札に変えられるんだったら、世の中の10,000円の価値がどんどん下がってしまうことになる……。

おっと、ちょっと脱線してしまったな……。

M:
先生、何を言っているか、さっぱりわかりません。

とにかく! 「投資したらお金が増える可能性がある!?」なんて言われても、ジブンにとっては、マジックみたいなものなんです。

すっごく基本的な質問なんですけど、「投資」ってそもそもなんですか?

「投資」の基本的な考えかたって?

B:
うむうむ。いい質問だな。

まず「投資」という言葉に注目してみよう。

「投」「資」っていう2つの漢字があるな、これは「資産(お金など)を投じる」って意味なんだ。

M:
「資産(お金など)を、投じる?」って、どこに投じるんですか? 

B:
 お! またいい質問をしたな。

後で詳しく説明するけれど、たとえば「株式」に投資するのならば「株式投資」で、「不動産」に投資するなら「不動産投資」のように、ひとくちに「投資」と言ってもいろいろな種類がある。


M:
うーん、よくわからないです〜。

例えば、今持っている1,000円を「株式」とやらに「投資」すれば、それが5,000円になったり、10,000円になったりするってことですか!? 

だとしたら、なんかすごくいい話!
いいじゃないですか!もったいぶらないで、早く教えてください!

B:
まあ、待て待て。

これは前章でも話したことなのだが、「投資」というのは、「必ず投資したお金が増える」というわけではないんだ。

損する場合も、もちろんある。

M:
ってことは、この1,000円が、500円とか100円になっちゃうこともあるんですか?

うーむっ、なんかテンション下がったなぁ〜。

ってことは、投資って、実はギャンブルと同じことなんですか?


「投資」と「投機」の違いって?

B:
いやいや。これは大切なことだからハッキリ言っておこう。
「投資」というのは、ギャンブルではない。

M:
でも先生、よくテレビで「デイトレーダー」とか言われる人が、たくさんのパソコンの画面に食い入りながら、「今日は株を売ってなん百万円稼いだ」とか言ってますよね?

なんだか、ギャンブルっぽく見えるんですが、あれも投資なんですか?

B:
ああ、確かに「投資」だな。

しかし、ときにデイトレーダーのような形のものは、「投資」ではなく「投機」と呼ばれることもある。

なぜかと言えば、「投資」は未来の資産(お金など)を増やすために、今持っている資産を投じること。

これに対して、「投機」は「機会に投じる」ことで、まさにデイトレーダーの世界には、そんな機会を狙う人たちが多くいるからなんだろう。

機会とはつまり「チャンス」に資産(お金)を投じると言ってもいいかもしれないな。

みんな、「ギャンブル的」という意味で「投機だ!」なんて言うわけだ。

M:
う〜ん、「投資」と「投機」、いまひとつ、わからないなぁ……。

B:
投機というのは、機会に乗じて短期間で「安い時に売り、高い時に買う」を繰り返して利益を得ようとする行為のこと。

投資というのは、中長期的な視野で、国や企業の成長や金利等によって利益を得ようとする行為のこと。

ここでは、「投資」に対して「投機」と呼ばれることがあるってことだけ知っておくといい。

しかし実際には投機と投資の違いは、人それぞれ捉えかたによって変わってきたりもしていて、実は曖昧なんだが…。

M:
なるほど〜。じゃあ、次のようにまとめて覚えておきますね。

・投資はギャンブルではない
・ギャンブル的に機会に投じて利益を得ようとする行為を「投機」と呼ぶこともある

でも、そうなってくると、「投資」についてをもっと詳しく知りたくなるなぁ。

「投資」を、もっともっとわかりやすく

B:
「投資」についてもっと知りたいのか。
それじゃあ、一番わかりやすい「株式投資」を、1つの例で説明してみようか。


あるところに、タヌキのポン太がいました。

ポン太は、ある日、とてもおいしい「タヌキ汁の素」を考えつきました。

でもそれをビジネスにするお金がありません。

そこでポン太は、「ポンポコ株式会社」を作り、お金を集めることにしました。

「誰かウチの会社の株式を買いませんか〜」

「株式」というのは、その会社がお金を集める時に、代わりに配布するものです。買う側からすると、株式がもらえることになります。

キツネのコン吉は、ポンポコ株式会社のタヌキ汁が美味しそうだったので、「これは人気になるぞ」と思い、「株式」を1株1,000円で買いました。

ポン太の会社は、いろいろな人が株式を買ってくれたおかげでお金が集まったので、タヌキ汁の素工場をつくりました。

そして美味しいタヌキ汁の素を作ることができ、その事業が軌道にのりはじめました。

数年後、ポンポコ株式会社のタヌキ汁は大人気となり、会社も大儲けしました。

そしてある時、ポン太の会社の株式を「1株2,000円で買いたい!」という人が現れました。

そこでコン吉は、持っていた株式を2,000円で売りました。

コン吉は、1,000円で買った株式を2,000円で売り、1,000円の利益を得ましたとさ。めでたしめでたし。

ざっと説明するとこんな感じになるな。

M:
これならバッチリわかります!

1,000円で買った株が、事業に成功したので、2,000円になったから売って、コン吉は1,000円儲かりました、ってことですね。

B:
まあ本当は、「株式市場」とか「キャピタルゲイン」とか「インカムゲイン」とか、そんな話をしたいところだけど、難しい話はさておき、おおまかに「株式投資」とはこういうことだね。

「株」ってなんで上がったり、下がったりするの?

M:
さっき、キツネのコン吉が1,000円で買った株式が、2,000円になりましたよね?

なんで1,000円上がったんですか?上がったってことは、下がることもあるんですか?

B:
鋭いことを聞きいてきたな。実は、株の値段が上がったり下がったりするのは、ひと言で言うと「その株の人気度合いによって決まる」ということなんだ。

たとえば、さっきのポンポコ株式会社みたいに、今絶好調な会社の株だったり、今はそうでもないけれど、これから好調になりそうな株は、みんなが欲しがるだろ?

みんなが欲しいから、株の値段も上がるんだ。

反対に、今業績が悪い会社や、これから不調になりそうな会社の株は欲しがる人が少ない。だからそういう株の値段は下がるんだ。

ある意味人気投票みたいなものかもしれない。

M:
なるほど〜!ふだんの日常会話でも、いいことをして周りの評判が良くなると「あの人の株が上がった」って言いますからね。

多くの人に支持されたり期待されたりするから、株って上がるのか〜。

今回もありがとうございました〜!

ところで、タヌキがタヌキ汁を作るって……どうなのかなぁ……。

投資でお金が増える場合のカラクリや、投資と投機の違い、そして、株式のイメージをつかんだモネの気分は、すっかり“経済のわかる大人”なのであった。

しかし、1つモネの心に強く残ったのは、ブルベア先生の「投資というのは、投資したお金が必ず増えるというわけではない」という言葉だった。

「そういえば、前に教えてもらったリスクという、ちょっと恐い言葉もあったなぁ。あれは、なんだったのだろう?」次にブルベア先生に尋ねるべきは、「リスク」のこと、モネはそう心を決めていたのであった。

つづく

【 資産運用の図解教室 の 目次 】

第0章 お金を増やす、ということ 。
第1章 「投資」による「資産運用」って、なんだ?
第2章 投資で得られる未来?ー前編
第3章 投資で得られる未来?―後編
第4章 投資をすればお金は増えるの?
第5章 投資って、危険なの!? 〜リスクとリターンのお話
第6章 今の時代を考えると、預金?それとも投資?  
第7章 投資の種類のお話 〜前編〜 投資のいろいろ
第8章 投資の種類のお話 〜後編〜 投資のいろいろ
第9章 投資に使うお金? 余裕資金って、なんだ?
第10章 投資で「人生のお金」を設計する?
第11章ー前編 テーマを見据えて投資をする? テーマ投資・テーマ株に挑むには?
第11章ー後編 テーマを見据えて投資をする? テーマ投資・テーマ株に挑むには?
第12章 ロボットが投資のお手伝いだって?〜ロボアドのお話〜
第13章 株式投資ライフをはじめよう
第14章 株を買う・売るってどうやるのかな?
第15章 株式の銘柄とチャートってなんだろう?
第16章 自分の株式投資のスタイルについて考える
第17章 株価以外の「株の価値」?その良し悪しを見極められる指標って?
第18章 誰かの一言で、株価が動くの?
第19章 株の分散投資って、どういうこと?
第20章 資産運用って、結局のところ、まとめるとなに?

イラストレーション/浜畠かのう

有難うございます!『FOUND』は、夢と希望と勇気を次代へと届けます。
35
『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4

こちらでもピックアップされています

資産運用の図解教室
資産運用の図解教室
  • 25本

「資産運用」をわかりやすく、「図解」で楽しく学べる講義式の連載です。全章を読むと、資産運用や投資の概要を知ることができます。