見出し画像

ETFは投資信託の一種?投資信託ってなに?


前回の記事で、ETFは「上場している投資信託である」というお話をしましたが、今回は、「投資信託」について説明します。

信託ってどういう意味だろう?

「投資」という言葉は何となくわかるかもしれませんが、「信託」という言葉は聞いたことがない人もいるかもしれません。信託というのは、一般財団法人信託協会から引用すると、

「自分の大切な財産を、信頼できる人に託し、自分が決めた目的に沿って大切な人や自分のために運用・管理してもらう」

という意味で使われています。(引用元

投資信託において、この「信頼できる人」というのは、「資産運用に詳しい投資のプロ」のことで、このプロのことを「ファンドマネージャー」と呼びます。

b01_ふむふむB

投資信託の仕組みとは?

投資信託には色々な特徴がありますが、その中の一つがワンコイン投資のように、少額からでも投資ができる点です。なぜ少額からの投資が可能なのでしょうか?

ここに「投資信託をやりたい!」と考えている人たち(投資家)がいたとします。その人たちは、投資信託を販売している、証券会社や銀行などから投資信託を買います。

投資信託を扱う会社にいるファンドマネージャーは、みなさんから集めたお金を、色々な銘柄の株や、債券などに投資して運用します。

投資というのは、まとまったお金が必要な場合が多いですが、投資信託はこのように、「投資をしたい」と思っているたくさんの人からお金を集めて、まとまったお金で投資のプロであるファンドマネージャーが運用しているのです。

ですから、株や不動産などに比べて、比較的低コストで資産運用ができる、という点がメリットの一つです。

ただし、プロが運用すると言っても、投資であることには変わりませんから、元金(投資したお金)が全額戻ってくるとは限らないですし、運用に関するコストもかかるので、そのあたりをきちんと理解して投資に向き合うことが大切です。

p01_覚えといてや!

画像3

株式会社FOLIO 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。ご契約の際は契約締結前交付書面等の内容を十分にご確認ください。
リスク・手数料の詳細はこちら
※LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社(金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号)の金融関連サービスです。
ワンコイン投資は株式会社FOLIOの提供する投資一任運用サービスであり、LINE Financial株式会社はお客様と株式会社FOLIOとの投資一任契約締結の媒介を行います。
・本コンテンツは一般的な情報提供を目的としており、個別の金融商品の推奨又は投資勧誘を意図するものではありません。
・掲載した時点の情報をもとに制作したものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、株式会社FOLIOはその内容に関する正確性および真実性を保証するものではありません。
・本メディアコンテンツ上に記載のある社名、製品名、サービスの名称等は、一般的に各社の登録商標または商標です。



有難うございます!『FOUND』が社会の今と未来を面白く伝えます!
11
『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4

この記事が入っているマガジン

ワンコイン投資を深く知るためのヒント
ワンコイン投資を深く知るためのヒント
  • 5本

500円からはじめるワンコイン投資を、もっと知りたい人のために。