見出し画像

投資で大切なのは「わける」こと?

卵をカゴに入れる時は?

投資の世界では、一つの金融商品に全部の資産を集中して投資して運用するよりも、色々な金融商品に資産を分けた方が、リスクを回避できる可能性が高くなる、と言われています。

そしてここでよく出てくるのが「卵は一つのカゴに盛るな」という名言です。

これは、一つのカゴ(投資先)に卵(資産)を入れておくと、もしそのカゴを落としてしまったら、全部の卵が割れてしまう可能性がある。つまり全部の資産が減る、もしくは無くなってしまう可能性があります。

画像4

でも一つのカゴではなくて、複数のカゴに卵をわけておけば、一つのカゴを落として卵が割れてしまったとしても、他のカゴは無事なので、全体のロスをおさえることができます。

つまり、一つの金融商品に集中して投資しないで、いくつもの金融商品にわけて投資することが大切なのです。この分けて投資する手法を「分散投資」といいます。

分散投資って具体的にどうすればいいの?

分散投資をする上で大切なポイントは、特徴の異なる金融商品にわけて投資をすることです。

例えば株式だけに投資するのではなく、株式と債券と金と預貯金などに分けることがポイントです。また一つの国の株式や債券だけに投資するのではなくて、海外の株式や債券にも分散して投資をすると、分散の効果が高まります。

具体的に資産を分けるとしたら、例えば国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、金、預貯金などにわけることが考えられます。

しかし、どの金融商品をどのぐらいの比率で分散するかは、その人のリスク許容度や、どのぐらいの期間で運用するかなどによって変わってきます。

画像4

でも、初心者で投資の知識がない場合、自分で株式や債券を選んで分散して投資するのは難しいですし、時間がかかってしまいますよね。

そういう時には、ワンコイン投資でも使われているETF(上場投資信託)に投資する方法もあります。

ETFに投資すれば、自分で分散の配分や銘柄や投資先を考えなくとも、そのETFが最適と考える配分で分散投資を自動でやってくれるので、手間が軽減できます。

ETFに関しては、こちらの記事も是非参考にしてください。

画像4


画像4

株式会社FOLIO 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。ご契約の際は契約締結前交付書面等の内容を十分にご確認ください。
リスク・手数料の詳細はこちら
※LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社(金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号)の金融関連サービスです。
ワンコイン投資は株式会社FOLIOの提供する投資一任運用サービスであり、LINE Financial株式会社はお客様と株式会社FOLIOとの投資一任契約締結の媒介を行います。
・本コンテンツは一般的な情報提供を目的としており、個別の金融商品の推奨又は投資勧誘を意図するものではありません。
・掲載した時点の情報をもとに制作したものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、株式会社FOLIOはその内容に関する正確性および真実性を保証するものではありません。
・本メディアコンテンツ上に記載のある社名、製品名、サービスの名称等は、一般的に各社の登録商標または商標です。



有難うございます!一緒に『FOUND』と未来を見つけにいきましょう!
13
『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4

こちらでもピックアップされています

ワンコイン投資を深く知るためのヒント
ワンコイン投資を深く知るためのヒント
  • 9本

500円からはじめるワンコイン投資を、もっと知りたい人のために。