2章後編ヘッダー

フォリオことはじめ 第2章 後編 |フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと

テーマ投資に必要なお金のことも学べたモネは、色々なテーマをチェックしているようだ。

「面白そうなテーマがたくさんあるなぁ、でもそれぞれのテーマに入っている会社って、どうやって選んでるんだろ?」

そう悩みながら、ブルベア先生の元を訪れるのであった。

各テーマの10社は誰が選んでいるの?

モネ:
それぞれのテーマは10社の株から構成されているんですよね? たとえば「寿司」もそうです。

でも、お寿司に関係する会社はたくさんあります。どんな基準で選んでるんですか?

ブルベア先生:
 フォリオのテーマ投資は、投資のプロ達が、各テーマにどんな会社を入れるべきかを吟味して決めているんだ。

M:
どの会社を選ぶかなんて、初心者だと難しいから、投資のプロが10社を選んでくれているなら、投資を始めやすいかもしれないな。

B:
 選ぶ基準は色々あるけれど、大事にしているのは、その会社が、テーマに対してどのぐらい親和性があるか?なんだな。

たとえばロボットで考えてみよう。
「ロボットを作っている会社」と
「ロボットのネジを作っている会社」では、
どっちがロボットに力を入れていると思う?

M:
そりゃロボットを作っている会社ですね。

だってネジ作ってる会社は、ロボット以外のネジも作ってるかもしれませんから。

B:
そうだね。つまりそのテーマと、どのぐらい深く関連しているか、も見ているんだ。

同時に、何十もの会社を、
「その会社は赤字続きじゃないかな?」
「借金だらけじゃないかな?」
「成長し続けているかな?」
「社長はちゃんと経営してる人かな?」
そんなことも、ちゃんとチェックしているんだ。

M:
へぇー。そんなことまで判断してるんだ!

単元株、単元未満株ってなんだ?

M:
フォリオのテーマ投資を調べてたら、わからない言葉が出てきたんです。

「株式投資は通常100株単位で行われ、これを単元株制度という」

これ、よく意味がわからないんですが、教えてください。

B:
使われている単語は難しそうだけど、噛み砕いて説明すると簡単だよ。

「単元」とは、株式投資では「単位」のようなもので、1単元は100株で構成されているんだ。

M:
なーんだ、結構簡単なんですね。
でも、それとフォリオのテーマ投資が、どういう関係なんですか?

B:
たとえばモネが、ある会社の株が欲しいと思ったとしようか。でもその会社の株は1単元単位でしか買えないとする。その会社の株は1株1万円だったら、1単元幾らになるかな?

M:
1単元が100株で、1株1万円ってことは、1単元は100万円
ってことですか? そんなお金、ジブンには用意できません…。

B:
さらに、1社の株だけではなく、色々な会社の株を買う「分散投資」を考えてみよう。

たとえばA会社は1株1万円なので1単元(100株)だと100万円。

B会社は1株5,000円なので1単元(100株)だと50万円としよう。

単元株制度のもとで、このA社とB社の2社に投資をする場合、合計150万円の資金が必要になるよね。

M:
はい、ジブンにはそんなお金の資産運用なんて、夢のまた夢です…。

B:
モネみたいに、

「多くの会社に分散投資したいけど、まとまったお金が…」

「あの会社応援したいけど、1単元100株でしか取引できないから手が届かない」

と思っている人に紹介したいのが、フォリオのテーマ投資なんだよ。

その特徴の一つが、「単元未満株」で株式を購入できることだ。

M:
タンゲンミマンカブ? 漢字から推測すると、
「その会社が決めている『1単元』に満たない株」
ってことなのかなぁー。

B:
まさにその通り!
たとえば100万円出さないと1単元買えない株も、単元未満株なら1株から取引が可能なんだよ。

フォリオのテーマ投資では、各会社の株を1株から購入可能にすることで、約10万円の資金で10社への分散投資をすることができるんだ。

M:
なるほど! ジブンは、フォリオのサービスって10万円はちょっと高いかなぁ、って思ってたんです。

でも株の分散投資って、一般的にはもっとたくさんのお金が必要なのに、これなら約10万円からできるんですね。

そう考えると、ジブンでもできそうです!

フォリオのテーマ投資って、どんなお得なことがあるの?

M:
友達から、「株で幾ら配当金をもらった」とか、「株主優待」とやらでレストランのお食事券をもらった、みたいな話を聞ききます。

フォリオのテーマ投資では、そういうものがあるんですか?

B:
一般的に株式投資の「もらえるメリット」というのは、大きく分けて2つある。「配当」と「株主優待」だ。

まずは配当について説明しよう。

たとえば、モネがある会社の株を持っていたとする。その会社の業績が良く、利益がでたとしよう。

その会社は、利益の一部を株主に分配することがある、それが「配当」だ。

ある会社が、「ウチの会社は1株あたり5円の配当金を出します」と言ったとしよう。

モネがその会社の株を10株持っていたら、決められた時期に50円の配当金をもらえる。これが「配当」だ。

M:
それはうれしいですね。

ちなみに先生、フォリオのテーマ投資をやっていても、その配当金をもらえるんですか?

B:
その答えは「イエス」だ。たとえばモネが、あるテーマを持っていたとしよう。

さらに、そのテーマを構成している、ある会社の株数が1株だったとしよう。

そうすると配当金の分配がある場合は、モネは1株分の配当金を受け取れるよ。

M:
やったー!じゃあフォリオのテーマ投資をやっていれば、配当と合わせて株主優待ももらえるんですか?

B:
株主優待の場合は、「イエス」とはハッキリ言えないな。

そもそも株主優待は、会社がある一定の株数を持つ株主に対し、その会社にちなんだ商品やサービスを提供するものだ。

M:
なるほど!たとえばお菓子メーカーならお菓子、外食メーカーならお食事券がもらえたりするんですか?

B:
そうだな。なぜ「はっきりとイエスではない」かは、多くの会社の場合、株主優待は、単元株以上持っている株主に限っているからなんだ。

たとえばある会社が、1単元(100株)持っている株主に、株主優待を提供しているとしよう。

モネがフォリオのテーマ投資で、その会社の株を1株だけ持っていたとする。

その場合、1単元に満たないので、株主優待は受けられないんだな。

M:
残念〜。でもなんで「はっきりイエス」ではない、って言ったんですか?

B:
たとえば、モネがフォリオのテーマ投資をいくつもやっていて、そのテーマの中に100株1単元のA社の株が入っていたとしよう。

モネが持っているA社の株の合計数が、100株だったとしよう。その場合、モネは1単元を満たしているので、株主優待を受けられるんだ。

M:
なるほど! だから「はっきりイエス」とは言えないのか〜!

B:
ついでに話しておくと、最近は1単元持っていなくても、単元未満の株を持っている株主に対しても、株主優待をやっている会社もあるんだな。

自分が持っているテーマの中の株が、単元未満の株主に対しても株主優待を提供しているかどうかは、直接発行している会社に問い合わせてみよう。


色々な会社が、テーマ投資を提供しているので、フォリオのテーマ投資の特徴ななんだろう?と素朴な疑問を持っていたモネ。

ブルベア先生のおかげで、フォリオが提供しているテーマ投資の特徴やメリットを理解できたようだ。

テーマ投資の中身や、単元未満株もわかり、テーマ投資への関心が高まってきたモネ。

いよいよ投資デビューに向けて、証券口座を開く決心をしたのであった。

【フォリオことはじめ 目次】
プロローグ 最近、どんなことに興味ある?
第1章 フォリオのサービスを10分で解説
第2章(前編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第2章(中編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第2章(後編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第3章(前編)口座開設その前に!
第3章(後編)口座の準備と開設。
第4章(前編)入金したら、テーマを買ってみよう 
第4章(後編)テーマを買った後、何をすればいい? 〜運用Q&A〜
■本資料について
・投資環境に関する過去の事実等の情報提供のために株式会社FOLIOが作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
■株価等のデータについてはこちらをご覧ください。
■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。リスク・手数料の詳細はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます!『FOUND』と未来を探りに行きましょう!
15
『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4