2章ヘッダー

フォリオことはじめ 第2章前編 |フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと

前章で、すごく駆け足でブルベア先生からフォリオのサービスのことを学んだモネ。

ここでブルベア先生がモネを呼び止めて、
「フォリオのサービスを使う前に覚えておいてほしいことがある」
と口を開いた。

もっと投資について知りたいモネは、ブルベア先生の話に耳を傾けるのであった。

「資産運用」と言うけれど…資産なんてないと思っている人へ

ブルベア先生:
 「資産運用の図解教室」で、モネには「資産」についてわかりやすく説明したつもりだったのだが、「資産」って何か覚えているかな?

モネ
え〜っと、世の中の多くの人は「資産」と聞くとマンションや高級車をイメージしますよね。

でも実は、ジブンの財布の中にある1000円も「資産」ってことを知りました!

フォリオのテーマ投資は10万円ぐらいから始められるんですよね。

だからこの10万円という資産を運用していくのが、フォリオのテーマ投資とも言えますよね。

B:
ほぉ〜、なかなか詳しくなってるな。まあ、ワシのおかげだけどな。

その通り、資産と聞くと一部のお金持ちだけの話かと思っている人が多いが、100円でも1万円でも10万円でも1000万円でも「資産」は資産なんだ。

じゃあここで復習だけど、「資産運用」ってのは、そのお金に何をしてもらうのかな?

M
そんなの余裕ですよ〜。ズバリ「お金に働いてもらう」これが資産運用です。

B:
お〜、100点満点の答えだな。

そしてその、資産運用の一つが「投資」なんだよ。

だからフォリオのテーマ投資というのは、
「自分の興味のあるテーマに自分の資産を投資する資産運用」
とも言えるな。

テーマ投資、って本当に大丈夫なの?

M
先生に投資のイロハを教えてもらう前、自分は「投資なんて怪しい」「資産運用なんてうまくいくはずがない」って正直思っていました。

でもすっかりその誤解が解けたんですよ。
これってなんでだろう?

B:
すごく簡単な話だよ。
モネはごく基本的な投資の基礎知識を学び、投資に対するスタンスや心構えを知ったから、変な誤解や勝手に抱いていたイメージが消えたんだろうな。

M
あ〜、そうかもしれませんね。

「投資にはリスクがつきもの」
「ハイリターンはハイリスク、ローリターンはローリスク」
「余裕のあるお金で投資をする」
「投資は一ヶ所でなく分散する」

そんな投資の基礎を理解したら、なんとなく「怖い」とか「怪しい」っていう偏見がなくなりました。

B:
素晴らしい成長じゃないか!
フォリオのテーマ投資に向き合うスタンスも、その考えを忘れずにな。

M
はい、確かに投資はリスクもあるけど、知識を身につけて「リスク許容度」を学べば、自分の将来に向けて、お金を働かせることができるんですよね。

あ、詳しくはジブンも出演している「資産運用の図解教室」で!

B:
 なんと!宣伝までしてくれてありがたいのう。

知識を身につければ、恐怖心や懐疑心も消える。これは投資をする上でとても大切なことだな。

その辺が理解できているなら、次はフォリオのテーマ投資のベースになっている、「株式投資」について復習がてら説明しようかな。

「投資」を1分で解説〜会社の応援団になろう〜

M
 先生、なんとなくは理解しているんですけど、フォリオのテーマ投資って、株式投資が基本になっているんですか?

B:
そうだよ。それぞれのテーマをみてごらん。そのテーマが10の会社の株で構成されているのがわかるはずだ。

ところで、「株式投資」って、一言で言うとなんだったか覚えているかな?

M
はい、自分が気になる(株式)会社を、お金を投資して応援することですよね。

ジブンはアイスクリームが好きなので、最近モーモー乳業の株式を買おうか悩んでいるところです。

B:
ほほう、相変わらず食いしん坊だな。

フォリオのテーマ投資はつまり、その「株式投資」がベースになっている。

だからそのテーマに投資するというのはつまり、そのテーマを構成している会社を応援することにつながるってことだね。

M
はい。そこがとてもジブンは興味あるんです。

だってたとえば、「ドローン」に興味があっても、ドローンに関係している会社はたくさんあるから、どの会社の株を買うかを研究するのは、すご〜く大変ですよね。

だからフォリオのテーマ投資って、株式投資よりもジブンにはハードルが低く感じるんです。

B:
だからフォリオのサービスは、
「ドローン業界を応援したいけど、どんな会社を応援すればいいの?」
って人のために、投資のプロ達が、まあ簡単に言うと、「応援したくなるような頑張ってる会社」を選んでパッケージにしてるんだ。

こうすれば、それぞれの会社を詳細まで調べつくさなくても、
「ドローン業界を応援したいから投資する」
ことができるんだな。

「投資=応援すること」だけど、応援の見返りは?

M
先生、ちょっと聞くのが恥ずかしいんですけど。

あのですね、その……例えば自分がドローンに興味があって、応援したくなって、お金を出して投資しますよね……。

もちろん、純粋に応援したい気持ちもあるんですけど……、やっぱり投資したからには、投資したお金は殖やしたいんです……。

フォリオのテーマ投資って、単刀直入に、投資したテーマの会社が儲かれば、ジブンの投資したお金も殖えるんですか?

B:
そうだね。基本的に、テーマ投資も普通の株式投資と同じように考えればいいよ。

つまり、株式投資は、投資している会社の業績が良ければ株の値段が上がるよね。

テーマ投資もこれに近いんだな。

フォリオのテーマ投資には「京都」や「ペットと暮らす」、「アンチエイジング」など、たくさんのテーマがあるけどね。
ここではわかりやすく、先ほどの「ドローン」を使って説明しよう。

例えばモネがその「ドローン」のテーマに投資しているとしようか。この先、ドローンが今よりも人気が出て、需要が増えたとしよう。

そうするとドローンのテーマを構成している10社の多くが儲かって、その10社の株価が上がったとするよね。

すると、そのドローンのテーマの値段も上がるってことだ。

M
なるほど!ということは、応援しているテーマがこの先調子が良くて右肩上がりなら、そこに関係している会社も業績が上がる可能性がある。

そして、もしそうなれば投資しているテーマの値段も、自分が買った時より上がることが期待できる、ってことですね?

でも逆に、ジブンが頑張って応援しても、残念ながらそのテーマに関係する会社の業績が下がったら、どうなるんですか?

B:
 もちろん、そういう場合は残念ながらモネが投資したお金も目減りしてしまう。投資はリスクがあることを忘れちゃいけない。

M
なるほど!そのあたりのリスクの話は、株式投資もテーマ投資も、心構えは一緒ってことですね!

B:
 その通り!だからリスクがあることを踏まえて、将来自分が困るような投資をするのはオススメできないけれど、過剰に不安になる必要もない。

リスクを考えながら、テーマ投資は「興味がある」「応援したい」「面白そう!」って気持ちでテーマ(に関連する会社)と向き合うことが大切だ。

それと、「資産運用の図解教室」でも話したけれど、もちろん投資に回すお金は余裕資金でな。

テーマ投資で分散投資しよう

B:
 以前モネに、
「投資は、一つのところに集中するよりも、極力色々な場所に分散して投資した方がリスクを回避できる」
って話をしたよね。

M:
はい、もちろん知ってます。
投資の基本は分散投資、ってやつですね。

B:
そう、お見事正解!この、
「分散して投資することで、リスクを回避する」
という意味でも、フォリオのテーマ投資はメリットがある
んだよ。

M:
え? どこがだろう?

例えば「ドローン」のテーマを応援したくて、そのテーマに投資しただけで、リスクが回避されているってことですか?

B:
 そうだね、ひらた〜く言うとそういうことだ。
ちょっと「ドローン」のテーマの画面を見てみなさい。

色々な会社に、色々な比率で分散して投資しているのがわかるだろう?

M:
あ、このカラフルな棒グラフのことですね。

B:
そうそう、これはフォリオの中にいる資産運用のプロが、
「このドローンのテーマは、どの会社をどんな比率で組めばいいのか」
と考えて決められているんだ。

一つの会社ではなくて、色々な会社に分散して投資をすることで、その時の最適と思われる比率で運用をする。

それと同時に、色々な会社に分配しておけば、ある1社の業績が不調になって「もしも」のことが起きても、リスクを比較的抑えられるからね。


M:
なるほど、よくわかりました先生〜!

ジブンの興味あるテーマを選んで簡単に投資できるだけじゃなくて、もしものときのリスクを軽減するため、分散投資までできることを知ったモネ。ますますフォリオのテーマ投資に興味が湧いてきたのであった。

つづく

※「資産運用の基本」を知りたい人はこちら

【フォリオことはじめ 目次】
プロローグ 最近、どんなことに興味ある?
第1章 フォリオのサービスを10分で解説
第2章(前編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第2章(中編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第2章(後編)フォリオのサービスを使う前に知ってほしいこと
第3章(前編)口座開設その前に!
第3章(後編)口座の準備と開設。
第4章(前編)入金したら、テーマを買ってみよう 
第4章(後編)テーマを買った後、何をすればいい? 〜運用Q&A〜
■本資料について
・投資環境に関する過去の事実等の情報提供のために株式会社FOLIOが作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
■株価等のデータについてはこちらをご覧ください。
■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。リスク・手数料の詳細はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます!『FOUND』は未来の社会を探ります!
15

お金と社会のWEBメディア『FOUND』

『FOUND』は、「お金」と「社会」に関する情報を「わかりやすく」「おもしろく」発信し、私たちの未来を探るメディアです。 Powered by FOLIO→https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://bit.ly/2PpsTr4

フォリオことはじめ

テーマを選んで、かんたんに投資ができる「FOLIO」のサービスを、わかりやすく解説した連載です。